スパムおにぎり [疲労回復と夏場のエネルギー・塩分補給に]

メニューのポイント

スパムは、豚もも肉を使った缶詰めハムです。

砂糖や塩、でんぷんなども含まれています。

ゴーヤチャンプルーによく使われますが、

薄切りにして、おにぎりに乗せたりすると

ビタミンB1と糖質の組合せとなり、疲労回復に良いメニューとなります。

 

夏場は汗で、ナトリウムなどミネラルが出ていくので

少し塩分多めの食材でも、さほど差し支えないかと思われます。

 

タマゴや葉物野菜と一緒に巻いたりすると

更に、栄養価が高まります。

 

材料と作り方

材料(おにぎり1個分)
ご飯・・・100g(お茶碗に軽く1杯)
握り用の塩・・・少々(0.1g)

スパム・・・厚さ1㎝に切ったもの1枚(30g)
卵焼き・・・卵1/2個(30g)
スライスチーズ・・・1枚(17g) 

おにぎり用海苔・・・1枚(5g)
飾り用野菜・・・あれば少量、イタリアンパセリやシソの葉など



作り方
①卵を溶きほぐし、卵焼き器やフライパンで焼き、スパムの形に切っておく。

②スパムは1㎝くらいの厚さに切っておく。

③スライスチーズは半分に切っておく。

④おにぎりをスパムの大きさに握り、卵焼き、チーズ、スパムを乗せ
 海苔で巻き、飾り野菜を添える。


今日使った食材の詳細

栄養素

(1個分)
エネルギー:391kcal
たんぱく質:16.1g
脂質:17g
炭水化物:42g

塩分相当量:3.3g