[鶏レバーのソース漬け] 保存が出来る貧血対策メニューです。牛乳とソースを利用して、鶏レバーの生臭さをなくします。

メニューのポイント

塩で洗ったり、牛乳に漬けこむと臭みが抜けます。

更にソースの風味が、レバーを食べやすくしてくれます。

冷蔵庫で1週間ほど、日持ちします。

日ごろから、こまめに鉄分の多い食べ物をたべましょう。

食べる量は、一度に2~3切れくらいを、週2~3回にします。

レバーに含まれる脂溶性ビタミンは、体内に蓄積されるので、一度に食べ過ぎないようにして下さい。

材料と作り方

材料
鶏のレバー・・・200g
ウスターソース・・・100~150cc

塩大さじ・・・1
牛乳・・・100cc

作り方
①レバーは、包丁できれいに脂肪を取り、一口大に切ります。
②塩をまぶして、水でさっと血を洗い、ボールに入れ、牛乳に10分ほど浸します。
③熱湯で茹でながら、灰汁を取り、弱火で約2分。
④火を止め、冷まします。茹ですぎると固くなりますのでご注意を。
⑤熱いうちに、ウスターソースに漬け込みます。
⑥冷めたら、冷蔵庫で保存。1週間くらい持ちます。

メニューの組合せ方

サラダなど、ビタミンCの多いお惣菜と一緒に食べると、鉄の吸収が良くなります。
メイン料理というより、サイドメニューで少しづつ召し上がって下さい。

栄養素

(レバー一食20g当たり)
エネルギー:34kcal タンパク質:3.9g
脂質:0.6g
炭水化物2.8g
塩分:0.9g
鉄:2.0㎎
レチノール(ビタミンA):2,800㎍