なすと鶏ささみの冷菜 [韓国風]

メニューのポイント

なすには、ポリフェノール、ナスニンという強力な抗酸化作用を持っており、

活性酸素による酸化を防いでくれます。

カリウムも多く含まれているため、

身体の熱を水分と一緒に放出させる働きがあるので、

汗をたくさんかく夏の時期には積極的に摂りたい野菜です。

鶏ささみと一緒に摂ってタンパク質補給を。

材料と作り方

材料(2人分)
なす・・・2~3本(200g)
鶏ささみ・・・2本(110g)

★薬味
ネギ・・・1/3本
大葉・・・2~3枚
みょうが・・・2個
しょうが・・・1片

〇たれ
しょうゆ・・・大さじ1/2
酢・・・大さじ1/2
はちみつ・・・大さじ1/2
にんにく(みじん切り)・・・小さじ1
粉とうがらし・・・少々
いりごま・・・大さじ1/2
ごま油・・・大さじ1/2



作り方
①なすはへたを取り、縦半分に切り、斜めに薄くスライスする。

②①のなすを耐熱皿になるべく重ならないように並べて
 600Wのレンジで約3分加熱する。(なすがしなっていたらOK)

③②を冷まし、冷蔵庫で冷やしておく。

④沸騰した湯に鶏ささみを入れ、色が変わったら火を止めて、
 冷めるまでそのままにしておく。

⑤★の薬味を千切りにして混ぜておく。

⑥完全に冷めた④の鶏ささみを湯切りし、食べやすい大きさに割く。

⑦花形に並べた③のなすの中央に⑥の鶏ささみを乗せ、
 その上に★の薬味を乗せ、合わせておいた〇のたれを
 まんべんなくかけて完成。


栄養素

(1人分)
エネルギー:165㎉
タンパク質:17g
脂質:5g
炭水化物:13g
食塩相当量:0.7g

カリウム:535mg
カルシウム:60mg
マグネシウム:55mg
βカロテン:171㎍
葉酸:58㎍