きんかんジャムで風邪対策 [ヨーグルトやパンに便利な作り置きジャム]

メニューのポイント

ほんのり苦みのあるキンカンの実がおいしい季節。

ハードな練習で免疫力が低下し、

風邪をひきやすい季節でもあります。

 

そのまま食べてもいいですが ジャムにすれば、

保存も効いて いつでも楽しめます。

 

ヨーグルトやパンにぴったり。

ビタミンCが豊富でカルシウムもとれます。

 

炎症を抑える成分が入っているので

喉が痛む時に昔から重宝されています。

 

材料と作り方

材料(出来上がり500ml分)
きんかん・・・520g(種とヘタを除いた重さ)
白砂糖・・・150g
水・・・300~400㏄(鍋に入れてひたひたに浸かる程度)

あればレモン果汁・・・半個分


作り方
①きんかんはヘタを取り、縦に4つに切り種を取る。

②鍋に水、砂糖、きんかんを入れ、中火~弱火で煮込む。
 圧力なべで5分。普通の鍋だと弱火で約20~30分。

③柔らかく煮詰まってきたら、火を止め冷ます。

④ミキサーにかけ、好みでレモンを絞って入れる。

栄養素

(大さじ1杯18g分)
エネルギー:32kcal
たんぱく質:0.06g
脂質:0.9g
炭水化物:6.3g
塩分相当量:0g

カルシウム:11g