アスレティックトレーナー(AT) 池上勇真さん

様々な人々を巻き込む、
明るく柔軟な性格とトレーニングの多様性

 

海外経験や多数のチームでの経験をお持ちの池上さん。
海外との違い、チームやパーソナルにおけるATの役割や
故障時のメンテナンス方法について、
また今後の事業展開について、取材させて頂きました。

池上さんとの出会いは、
ぎっくり腰がすぐに治った。膝の痛みが消えた。
一般の主婦やOLにも評判が高いことを知り、
故障中の取材者(金子)が、トレーニングをお願いしたことがきっかけです。
アスリートだけでなく、一般の方の身体の不具合やメンテナンスもされています。

***********************************

 

生年月日:1996年9月25日
4人家族(父母、弟)
アスレティックトレーナー(略称:AT)
(学歴)山口県下関市 早鞆(はやとも)高等学校
(競技歴)野球(小2~高3)
(趣味)ゴルフ、草野球
(職歴)
2017年:アメリカ研修(Losドジャース、シルクドソレイユ、UNLVネバダ大学など)プロ野球自主トレキャンプ帯同
2018~2019年:パーソナルトレーニング治療院balance Body
2019年:阪神タイガースJr.帯同
2019~2021年:追手門学院大学、医療法人 天野整形外科
2019より:浪速高等学校 男子バスケットボール部のAT
プライベートパーソナル3店舗運営(高槻1店舗、天満橋2店舗)
CHARMANT設立 ウェア販売

 

******************************

 

*トレーニングの多様性と将来性

現在は、CHARMANT代表として様々な事業を展開されています。
パーソナルトレーニング、出張パーソナル、チーム帯同、オンライン動画指導、トレーニングウェア販売、オーダーウェア製作、美容ケア用品販売等。

浪速高校男子バスケット部、プロ社交ダンサー、プロラグビー選手、海外プロサッカー選手、3×3(3人制バスケットボール)プロ選手など。他に一般の方のトレーニングも行っている。

 

商品 CHARMANT_SPORTS2021 
トレーナー at_personal925

 

【元アスリートだからこそ、わかる選手の悩み】

金子:これまでに、一番苦しかったことは?

池上:スポーツ特待生として、野球漬けの日々を過ごした高校時代です。
あの頃が今までの人生で一番ハードでした。(ポジションは、セカンド、サード)

金子:ケガや故障の経験はありますか?

池上:高二の時は、走り込みと疲労による右脛骨内側上顆の疲労骨折、高三では、肩を痛めながらもプレーしていました(SLAP損傷)。

厳しい過酷な練習が、どんな苦境にも動じない今の池上さんを作っています。
その経験がATを目指すきっかけとなります。

 

【AT(アスレティックトレーナー)とは?】

金子:ATとは、どんな資格ですか? 普通のトレーナーとはどうちがうのですか?

池上:選手のケガの初期から対応し、競技に復帰出来るところまでをご指導します。
つまり、トレーニングだけでなく、コンディショニングにも詳しく、疼痛改善など知識が豊富なのがATの特徴と言えます。

 

【AT(アスレティックトレーナー)への道】

高校卒業後、トレーナーとしては、一番合格が難関とされるアスレティックトレーナー(AT)の資格を受けられました。
国家資格ではないものの、合格率は約10%と低く、専門学校で3年間勉強され合格。
21歳から仕事を始めます。

 

【海外(アメリカ)と日本の違いは?】

アメリカにインターン生として、ドジャースなどプロ野球チームに帯同。
シルクドソレイユの視察などで得た知見を基に、
新しい考え方を学んだのも、今の池上さんには大きな収穫となっています。

金子:留学されたアメリカと日本の違いは?

池上:情報や技術が、5年くらい進んでいます。
理由は、アメリカでは医療費が高いので、身体をメンテナンスする為のスポーツに対する意識が非常に高いのです。
また、ATの地位が日本より高いことです。

 

【チームでの役割】

金子:チームでのご指導は、どんなものですか?

池上:チーム全体、シーズンを通してのトレーニングメニューを考えます。
試合中は、テーピングや、ケガした選手のリカバリーやリハビリを行い、早期に復帰できるようにします。
試合後の疲労回復の為の練習ニューも大切なので、ご指導しています。

 

【パーソナルトレーニングでは】

金子:1対1のパーソナルトレーニングの特徴は?

池上:例えば、ダイエットを目的としている方には、ダイエットで終わらず、それを維持する為のメンテナンスのご指導をします。
一人ひとりに向き合って出来るのが、パーソナルの良いところです。

 

【メンタル面でのフォロー】

金子:選手のメンタル面で気を付けていることは?

池上:トレーナーの一言は、選手に大きな影響を与えます。
各選手の性格を理解し、それに応じた指導を心がけています。
選手によって、痛みの感じ方や表現が違います。

金子: 痛がる人、我慢する人、それぞれ違いますよね(笑)

 

【ケガや故障をした時に、気をつけるべき事とは?】

金子:私たちがケガや故障をした時に、気をつけるべき事はありますか?

池上:ケガの内容や経過日数によります。
初めての炎症なのか?慢性なのか?の見極めが大切です。

ねんざを例にとっても、初めての時は、1~3日、あるいは4日目もアイシングをします。慢性の場合は、冷やすより温めた方がいい場合があります。

金子:薬を飲む時の注意点は?

池上:明日が試合など重大な時は、薬を飲む方が良い時もありますが、胃への負担も考えて下さい。飲みすぎると、効かなくなることがありますので要注意です。

金子:マラソンだと、レースの翌日に走ったりする人もいますが、大丈夫でしょうか?

池上:ランナーのレース翌日の疲労抜きランは、心拍数で調整し、くれぐれもゆるめのジョグをおすすめします。

 

【食事について】

金子:食事のご指導はされていますか?
池上:保護者会で、選手に必要な栄養や基本的なこと、
特に一日のタンパク質の摂取量などを話しています。

 

【プロテインの利用法】

金子:プロテインの有効な利用法ってありますか?
池上:ソイプロテイン(植物性)とホエイプロテイン(動物性)がありますが、この二つを使い分けると良いと思います。
ホエイはトレーニング後に、ソイはそれ以外の時に使われるといいです。

 

【ウェア製作 (CHARMANT)】

トレーニング用だけでなく、更にオシャレ着としても使えるウェアを開発販売されています。

CHARMANT 商品販売サイトはこちらです。

https://2021charmant.official.ec/

初めて知ったアスレティックトレーナーという存在。
今後の御活躍を応援しています。
取材のご協力、ありがとうございました。

  • アスリートインタビュー
  • 運営者情報
  • セミナーのご依頼
  • リンク集

勉強会・セミナーのお知らせ

現在お知らせはありません

お知らせ

現在お知らせはありません